Windows 10でSourcetreeを使う

開発環境は、Windows 10 Pro(64bit)。

GUIで、Gitが使用できるSourcetreeをインストールする手順のメモ。

1.公式サイトへアクセスする
https://ja.atlassian.com/software/sourcetree

2.Windows向けダウンロードボタンをクリック
f:id:k01ken:20190414112935p:plain

3.Atlassian Softwareライセンス契約~にチェックを入れて、
ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが開始される。
f:id:k01ken:20190414112947p:plain

4.ダウンロードしたファイルを起動すると自動的にインストールが始まる。

※事前にBitbucketに登録しておくこと

5.Bitbucketをクリック
f:id:k01ken:20190414120038p:plain

6.Googleアカウントでログインするか、Bitbucketのメールアドレスを入力して、
Continueボタンをクリック
f:id:k01ken:20190414120053p:plain
※Bitbucketのメールアドレスとパスワードを入力することに抵抗があったのですが、どうやら、BitbucketとSourcetreeは同じ会社が運営しているようです。

7.パスワードのフォームが表示されるのでBitbucketのパスワードを入力して、Log inボタンをクリック

8.連携が完了するので、次へボタンをクリック
f:id:k01ken:20190414120245p:plain

9.GitとMercurialにチェックを入れて、詳細オプションを押して、改行の自動処理を設定するにチェックを入れて、次へボタンをクリック
(自分の場合はすでにGitはインストールしています)
f:id:k01ken:20190414120257p:plain

10.インストールが完了したら、次へボタンをクリック
f:id:k01ken:20190414120312p:plain

11.その後は、無視して、インストーラ自体を消してよい。

Githubと連携する

デフォルトではBitbucketとしか連携できていないので、Githubと連携する方法をメモ。

Githubアカウントを作成していることが前提です

1.Sourcetreeを起動

2.ソフトウェア上部のRemoteアイコンをクリック

3.左部分のアカウントを追加をクリック

4.Hostの欄のホストティングサービスをGithubに変更し、Credentialsの欄の認証をOAuthにして、OAuthトークンを再読み込みボタンをクリック

5.ブラウザが起動するので、Authorize atlassianボタンをクリックして連携する

6.Githubのパスワードを入力して、Confirm passwordボタンをクリック

7.Sourcetree側に戻ってOKボタンをクリック

8.これによってリモートリポジトリの欄に自分のGithubアカウントが連携されていると思います。